ホーム>赤い羽根共同募金

赤い羽根共同募金

共同募金

赤い羽根共同募金

赤い羽根共同募金は、国民相互の助け合い精神に基づき、例年、厚生労働省の告示により10月~12月の期間に全国一斉に展開されています。社協活動をはじめとする民間社会福祉事業を支える大きな財源として位置づけられています。

運動の展開は都道府県を単位としており、各市区町村は支会・分会として実務を担っております。
白井市会は、平成17年より白井市社会福祉協議会に事務局が移管され、各区・町会・自治会、法人 (事業所) 等の皆様に支えられて現在に至っています。

募金の流れ

募金の流れ

各世帯・法人(事業所)・学校・募金箱等によりご協力いただいた募金は、一旦すべて、千葉県共同募金会へ送金いたします。各市区町村にはそれぞれ人口等から計算された目標額が定められております。
目標額は広域目標と地域目標があり、それぞれの市区町村へは地域目標額に対する募金額の実績(目標額の%)に基づいて、次年度に事業費として配分されています。
一部は、市区町村の単位とは別に、広域配分として、福祉施設や福祉団体等へ配分されます。平成23年度の実績と配分後の使いみち及び詳細は、中央共同募金ホームページをご覧下さい

白井市社会福祉協議会の平成24年度事業報告です。

平成25年度募金実績はこちらをご覧下さい

歳末たすけあい募金

歳末たすけあい運動は、赤い羽根共同募金運動の一環として「みんなでささえあう あったかい地域づくり」をスローガンに、例年12月に実施されます。
白井市支会では、ボランティア団体、地区社協・民生委員児童委員、小・中・高校スポーツ少年団等のご協力をいただき街頭募金活動として実施しています。

年間を通じて「募金」にご協力いただけます

年間を通じて「募金」にご協力いただけます

清涼飲料水取扱会社の社会貢献活動の一環として、赤い羽根共同募金への協力が広がりつつあります。
一本の購入があると、そのうち6円が赤い羽根共同募金へ寄付されます。
自動販売機が設置されている市町村の支会・分会の地区募金や法人募金に加算される仕組みになっています。
配分金の増額へ向け、白井市支会も積極的に設置を支援していきたいと考えています。のどが渇いたときに、年間を通じてできる募金です。

募集しています

募集しています

赤い羽根共同募金への協力、「自動販売機」を設置させていただける個人・企業さんを募集しています。

※詳細はこちらへ(中央共同募金会ホームページ)