ホーム>トピックス

トピックス

令和元年台風第15号千葉県災害義援金が名称変更されました。

令和元年9月8日に首都圏を直撃した台風15号の暴風雨により、県内各地で停電等甚大な被害が生じ、県下41市町村において災害救助法が適用されました。しかし、その後の台風19号、大雨にも引き続き災害救助法及び県下全域に被災者生活再建支援法が適用されており、千葉県共同募金会では、被害を受けた方々を支援することを目的に、下記のとおり台風19号と大雨災害の支援も含めて、新たに名称変更して義援金の募集を実施しています。

                        記

義援金の名称「令和元年 台風15号・台風19号・大雨千葉県災害義援金」

受付期間 令和元年12月30日(月)まで

義援金受入口座

 金融機関   支店名       口座番号          口座名義

ゆうちょ銀行   -      00160-2-293218    千葉県共募令和元年台風第15号千葉県災害義援金

ゆうちょ銀行   -      00100-1-697388 千葉県共募令和元年大雨義援金

※ゆうちょ銀行の本・支店及び郵便局窓口からの振込手数料は無料です。  

千葉銀行  本店営業部 普通預金 3495585     社会福祉法人千葉県共同募金会

京葉銀行  本店営業部 普通預金 3286924     社会福祉法人千葉県共同募金会

千葉興業銀行 本店営業部 普通預金 1081550    社会福祉法人千葉県共同募金会

千葉信用金庫 千葉駅北口支店 普通預金 0702826  社会福祉法人千葉県共同募金会

①各銀行本・支店間の窓口からの振込手数料は無料です。

②振込通知書の空欄に義援金の名称「台風15号、千葉台風19号ないし大雨」とご記入ください。

③上記以外の銀行からの振込やATM、インターネットバンキング等を利用する場合の振込手数料は有料です。

「白井市社会福祉協議会(千葉県共同募金会白井市支会)」(以下、当会)窓口でも義援金を受付けます。⇒ 千葉県共同募金会へ送金します。

募金箱の設置

白井市役所、白井駅前センター、西白井複合センター、冨士センター、公民センター、桜台センター、福祉センター(清戸)、白井コミュニティセンター、図書館、当会窓口 に義援金募金箱を設置しています。

※税制上の取扱い

この義援金は、税制優遇措置の対象となります。金融機関で受け取る振込金受領証に「令和元年台風15号・台風19号・大雨千葉県災害義援金募集要綱」を添えて確定申告してください。募集要綱は千葉県共同募金会ホームページからダウンロードできます。(当会窓口でも発行できます)

当会窓口で受け付けた方で税制優遇を希望される方は、後日、千葉県共同募金会より領収書が発行されます。

 

応急防水試行(ブルーシートの展張)による家屋補修の支援について

応急防水施工(ブルーシートの展張)による家屋補修の支援に係る窓口開設について

https://www.pref.chiba.lg.jp/bousai/bousai/oukyubousuisekou.html

 

ブルーシート1.jpgブルーシート裏.jpg

平成31年度(令和元年)社会福祉協議会会員加入にご協力お願いします

平成31年会員募集ちらし.pdf

会員・会費制度のしくみ

社会福祉協議会は、住民相互に支えあい、助け合う「共助」のしくみづくりを進めています。住民一人ひとりに地域の課題・問題を自らのものとして受け止め、活動に参加していただくために会員制度をとっています。

会員になっていただき会費納入することで、直接地域福祉活動に参加できなくても、財政支援という間接的な形で参加することにつながります。会員加入することは、誰もができる地域福祉活動への参加なのです。

30年度は、個人(各自治会等の協力で取りまとめをお願いしているもの)・法人(企業・商店等)の皆さまから、合計3,806,421円のご協力をいただきました。納入いただいた会費は、ボランティアセンター事業、地区社会福祉協議会(小学校区ごとに9つ)の活動、社会福祉大会の経費など、社会福祉協議会の自主事業に使わせていただきます。地区社会福祉協議会では、地区内住民のふれあいと交流を図るためのサロンをはじめ、高齢者ふれあい食事会、子育て支援事業など、広く住民の皆さまにご利用いただける事業を展開し、地区住民の皆さまに還元しています。

今年度も多くの住民の皆さまのご協力をお願いいたします。詳しくはこのホームページの「会員募集」のページをご覧ください。また、上記のちらしもご覧ください。

平成31年度(令和元年)赤い羽根共同募金運動にご協力をお願いします

じぶんの町を良くするしくみ。赤い羽根共同募金

例年、ご協力いただいている「赤い羽根共同募金運動」が、10月1日~全国一斉に開始されました。運動期間は令和2年3月31日までです。戦後まもなく始まったこの運動は70年を超え、「たすけあい」の精神のもと、社会福祉協議会をはじめ、高齢者施設や障害者施設、災害時の支援などの、民間福祉事業を支える財源として大きく貢献してきました。ご協力いただいた募金の7割が地元市町村に配分され、残り3割は高齢者施設や障害者施設などへ広域的に助成されます。今年度もみなさまのご協力をお願いいたします。

白井市の皆さまからの募金は、主に次のように活用しています。

平成30年度に集められた募金額3,442,356円(31年度(令和元年)に7割が配分されます)

★高齢者へのふれあい弁当事業

★車いすの購入やメンテナンス

★地区社会福祉協議会(小学校区ごとに9つ)の活動(高齢者ふれあい食事会やふれあいいきいきサロンなど地区内の支えあい活動)

★視覚障害者などへの広報CDの作成

★災害ボランティアの体制整備(備品確保や災害ボランティアセンター立上げ訓練など)

★ボランティアセンターの実施する手話講習会や音声訳講習会

★火災などの被災者への見舞金

★広報紙「社協しろい」の発行(年4回) など

いろいろな募金方法があります。例年、主に次のようにご協力いただいています。

●戸別募金 各区・町会・自治会等を通じて地域内の各世帯に募金をお願いしています。

●法人募金 企業や商店のみなさまに募金をお願いしています。

●学校募金 福祉教育の一環として児童・生徒のみなさんによる募金をお願いしています。

●職域募金 市役所など職場を通じて職員の方々に募金を呼びかけています。

※戸別募金のご協力に際しては個人情報の取扱いにご注意ください。

平成31年度赤い羽根共同募金ちらし.pdf

台風15号災害に伴う災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について

千葉県内における災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施となりました。

NEXCO東日本ホームページ

https://www.e-nexco.co.jp/road_info/important_info/h31/0913b/)をご覧ください。

 

令和元年度台風15号災害に伴うボランティア活動保険の加入について

全国社会福祉協議会が運営管理する被災地支援・災害ボランティア情報サイトから加入手続きが可能となりました。被災地に行く前に加入手続きを済ませてください。

下記より個人クレジット決済にて加入手続きが可能となりました。

またその他、各市町村のボランティアセンターにて加入手続きも可能です。

  QR.jpg